FC2ブログ

こてちゃい都々逸どいどい(どどいつDodoitsu 愛Love Song 笑ってSmile 君Happy)

-君に捧げし都都逸一句。振り向く笑顔を夢見猫-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新バイオ燃料 ジャトロファ どどいついきます。

トウモロコシやサトウキビに代わる、新しいバイオ燃料として「ジャトロファ」が注目されています。


「毒があっても 燃料できる ジャトロファガソリン 夢託す」  こてちゃい


ジャトロファの実からとれる種の30%は油で、火を付けると、2分近くにわたって燃え続けるそうです。
(すこし栽培しようかな。 もしくは種を確保しようかな。非常時の燃料にならないかしらん。)

従来のトウモロコシやサトウキビなどは食用としての需要が高いため、食糧価格の高騰を招いてきました。
ですが、ジャトロファは種に毒があるため、食用にはなりませんので、高騰化を招きません。(幸いへ転ず)
年に4回、実をつける。
栽培の手間があまりかからない。
毒があるため害虫の被害を受けにくい。
生命力が強いので、わずかな水と肥料で育つ。

沖縄では、2年前から栽培されはじめています。
沖縄のサトウキビ農家の半数近くは65歳以上の高齢者。
サトウキビの収穫は重労働なため、畑を手放す農家も少なくないため、収穫も比較的簡単なジャトロファの栽培に期待を寄せているそうです。

では、もう一句。

「バイオ燃料 ジャトロファ植えて 支えるシルバー 頼もしい」  こてちゃい (いいですねぇ。)


軽油とほぼ同じ性質のため、従来のエンジンをそのまま使うことができるそうですよ。

[参考サイト]
NHK ONLINE(規定によりトップページへのリンクです)トップページ > 首都圏ネットワーク > リポート > これまでに放送した内容

検索キーワード「7月4日放送 期待集めるジャトロファ燃料」


「ナンヨウアブラギリ」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2012年7月2日 (月) 11:28 以下一部引用
ナンヨウアブラギリ(南洋油桐、学名:Jatropha curcas)は、トウダイグサ科の中南米原産の落葉低木。別名はタイワンアブラギリ、または学名からジャトロファ、ヤトロファなど。
・・・
バイオディーゼルの原料
もともと播種や挿し木で増殖が可能であることから、古くから植物性の燃料資源として着目されており。かつては日本軍もこれに着目し、インドネシアにおいて栽培計画も存在した。
ナンヨウアブラギリの実から精製した油は、ジャトロファ燃料ともよばれ、1990年代以降は地球温暖化対策の切り札として、植物性バイオディーゼル燃料の材料としても脚光を浴びている。特にバイオマスエタノールなど、自動車用バイオ燃料の生産が本格化した21世紀以降、毒性があるため食用とはならず、食料の供給を圧迫しないというメリットが喧伝されている。


kotehanadan1では、またあした。あなたにとって楽しい一日でありますように!

●トップページへ  ●こてちゃいでございます。更新情報





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こてちゃい_kotechai

Author:こてちゃい_kotechai
こてちゃいでございます。都々逸(どどいつ、都々一、都々いつ、都都逸、都都一、都度逸、ドドイツ、どゝ一、どゝいつ、どゞいつ、とゞいつ、どど一、どゝ逸、度々逸、度々一、百々逸、登々以津、東都一、・・・)。素人です。かなりいい加減なやつですが、よろしくお付き合いください。

都々逸しぐれ吟社様ツイート
こてちゃいツイート
こちらも見てくださぁい
浅草芸者幇間さん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。