FC2ブログ

こてちゃい都々逸どいどい(どどいつDodoitsu 愛Love Song 笑ってSmile 君Happy)

-君に捧げし都都逸一句。振り向く笑顔を夢見猫-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1894年「芸者虎の巻」松の屋 常磐 著、発行:井上定吉  お座附、都々逸他

おもしろい本みつけました。

1894年「芸者虎の巻」松の屋 常磐 著、発行:井上定吉

国立国会図書館デジタル化資料 インターネット公開 引用

芸者虎の巻P3


「お座附」
   
 咲て(さいて)見事ふ人待顔の花菖蒲水に照りそふ由縁(ゆかり)の色の開く軒端(のきば)にほととぎす影で迷はすあの一ト聲(ひとこえ)を誰に聞せる(チャン)初音(はつね)やら


「都々逸」

餘所(よそ)へ披露も年始をかねてふたり名前で出すはがき

思ふまいぞへ思ふたとてもどうせ添れる(そわれる)身ではない

外見(みえ)もかざりも何いるものか眞から惚あひ好た同士(しんからほれあいすいたどし)

片袖濡てるところを見れば一人差したる傘じゃない

知らぬ顔してすまして居てもいつか互ひに出る笑凹(えくぼ)

夏やせですよと口にハ言へとソット袂(たもと)でふくなみだ

一ツより無いわたしのいのち二人とハ無い人に遣る

筆もふるへるうれしいへん事笑顔すりこむすずり石

写真ながめてつくづく笑ひホンニとぼけた顔の出来

惚れたお方と好かれたわたし實(じつ)とまことの情くらべ

おまへに見せよと結(ゆ)ふたる髪を夜半(よわ)に乱すも又お前

・・・


・ 目次
・ お座附
・ 雑
・ 字餘り都々逸
・ 文句入都々逸
・ 詩入都々逸
・ 端唄
・ 雪折笹 (ゆきおれざさ)
・ もどり橋
・ 四ツの袖
・ 茄子と南瓜
・ いよぶし
  同替唄
・ ほんかいな
・ 都踊の唱歌
・ 大津絵
・ 二上り新内
・ 縁かいな
・ 古今流行歌
・ ギッチョンチョン
・ キンライキンライ
・ コリヤサ節
・ ウントコ節
・ 丹後の宮節
・ チンチリガン
・ ビックリシャッター
・ ズイズイ節
・ 城のばん場
・ コイコイ節
・ ヤシャホイ節
・ オヤマカチャンリン
・ 裏の窓から
・ ドンドン節
・ 豊年節
・ ヨサコイ節
・ 忍ばんせ
・ 猫じゃ猫じゃ
・ 仙臺節(仙台節)
・ サイコドンドン
・ ヒヤヒヤ
・ サッコラサ
・ パーパー節
・ さんさ時雨
・ 推量ぶし
・ ヨカチョロ節
・ 月琴
・ 剣舞歌(けんぶのうた)
・ 茶番  京阪(かみがた)にては二輪賀(にわか)という
・ 同口上茶番
・ 落語
・ 和歌の稽古
・ 石摺
・ 楚妻(だいこく)
・ 命(いのち)
・ 丑年(うしどし)
・ 効能(ききめ)
・ 一ト口はなし
・ 和英一ト口はなし
・ 聲色(こわいろ)
・ 戯文
・ 狂詩 詠史
・ 狂歌
・ 発句
・ 川柳
・ 冠附
・ 地口
・ 漢語地口
・ 考物
・ なぞ
・ 粋句
・ 洒落。悪口。
・ 小唄沿革概客(こうたうつりかわりあらまし)
・ 芝垣節(しばがきぶし)
・ 清がき (すががき)
・ 伊勢音頭(いせおんど)
・ 花八島(はなやしま)
・ 一節切(ひとよぎり)の小唄
・ 大和(やまと)おどり
・ 伊勢おどり
・ 近江おどり
・ 鹿おどり
・ 岡崎
・ 小六節
・ 大盡舞(大尽舞、たいじんまい)の小唄


kotehanadan1●トップページへ  ●こてちゃいでございます。更新情報




関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こてちゃい_kotechai

Author:こてちゃい_kotechai
こてちゃいでございます。都々逸(どどいつ、都々一、都々いつ、都都逸、都都一、都度逸、ドドイツ、どゝ一、どゝいつ、どゞいつ、とゞいつ、どど一、どゝ逸、度々逸、度々一、百々逸、登々以津、東都一、・・・)。素人です。かなりいい加減なやつですが、よろしくお付き合いください。

都々逸しぐれ吟社様ツイート
こてちゃいツイート
こちらも見てくださぁい
浅草芸者幇間さん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。