FC2ブログ

こてちゃい都々逸どいどい(どどいつDodoitsu 愛Love Song 笑ってSmile 君Happy)

-君に捧げし都都逸一句。振り向く笑顔を夢見猫-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東八拳(とうはちけん) 狐拳(きつねけん) どどいつ調フレーズで

東八拳(とうはちけん) 狐拳(きつねけん) どどいつ調フレーズで。

とりあえず、どどいつ調フレーズ(^_^;)入れておきます。


「狐庄屋に 庄屋は猟師 猟師狐に 勝ちますよ」

「あたまひねって じゃんけんぽんと みんな楽しく 拳あそび」 こてちゃい


きつね、しょうや、りょうし みんな3音ですね。なので、助詞をつけちゃえば、4音になります。

3・4、4・3、3・4、5 文字数だけはOKですね。

狐拳 だから、最初にきつねをもってきたかったのと、勝つ方にしたかったので、こんな順番になりました。

なんだか、何も考えずにじゃんけんぽんみたいに書いてしまいましたが、いろいろ調べてみると、かなりつわものといいますか、集中力を必要とし、奥が深いようで、流派がいろいろあって、お家元まであるのですから、すごいですよ。

トラ拳では、「虎、おばあさん(おかあさん)、和藤内」ですが(「こてちゃい浅草芸者幇間さん」、お座敷遊び トラ拳(とらけん・とらとら・トラトラ))

東八拳では、「狐、庄屋、猟師」です。
虎が狐、おばあさんが庄屋、和藤内が猟師。和藤内は槍もしくは鉄砲の型なので猟師みたいなものですね。


まず、ウイキで「狐拳」を見てみましょう。


「狐拳」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2011年5月2日 (月) 03:41

狐拳(きつねけん)は、じゃんけんなどと類似の、狐・猟師・庄屋の三すくみの関係を用いた拳遊びの一種である。藤八拳(とうはちけん)、庄屋拳(しょうやけん)とも呼ばれる。

狐は猟師に鉄砲で撃たれ、猟師は庄屋に頭が上がらず、庄屋は狐に化かされる、という三すくみの関係を、腕を用いた動作で合わせて勝負を決する。

通常は二人が向かい合い、正座して行なう。それぞれの手の姿勢は次のとおり。
猟師 対 狐 (猟師の勝ち)
狐 対 庄屋 (狐の勝ち)
庄屋 対 猟師 (庄屋の勝ち)

狐 : 掌を広げ、指を揃えて頭の上に相手に向けて添え、狐の耳を模する。
猟師 : 両手で握り拳を作り、鉄砲を構えるように前後をずらして胸の前に構える。
庄屋 : 正座した膝の上に手を添える。

互いに思う手を出し合い、猟師は狐に勝ち、狐は庄屋に勝ち、庄屋は猟師に勝ちとなる。

狐拳が登場する有名な作品として、十返舎一九の東海道中膝栗毛などがある。

以上、「狐拳(きつねけん)」ウィキペディア一部引用ですが、


東八拳 公式サイト がちゃんとありました。

くわしく解説がのっています。少し引用させていただきます。ご容赦ください。

東八拳とは
 東八拳の勝ち負けは、「ぐう」、「ちょき」「ぱあ」ではなく 「狐」、「鉄砲」、「庄屋」 という三つの力関係で勝ち負けを決める。
「狐」は「鉄砲」 に撃たれるので鉄砲の勝ち、
「鉄砲」つまり猟師 は「庄屋」には頭が上がらず「庄屋」の勝ち、
「庄屋」といえども 「狐」には化かされるので 「狐」 の勝ち。

勝負は、三回連続して勝つと一本取り、三本勝負で二本先取した方の勝ちとなる。

それぞれを表現する形は 「じゃんけん」 のように手先だけでするのではなく、二本の腕を大きく使う。上体をあまり動かすことはない。

「狐」 は手のひらを相手に向けて、「鉄砲」 は引き金を引く時の型で、「庄屋」は堂々と座った型でそれぞれをあらわす。

東八拳 ( 藤八拳 ) はもともと江戸時代の中頃にお酒の席での座興として始まり、庶民の間で大流行した。
その中から作法を重んじルールを決めて勝負を楽しむグループがいくつも出来、家元制度を敷く各流派となっている。現在、その各流派が集まって東八拳を楽しんでいるのが「日本東八拳技睦会」という親睦団体だそうです。


東八拳の打ち方 対座の仕方、拳の型(正拳)、ルールとマナー、競技の進め方 とか詳しく書いてあるので、興味のある方はのぞいて見るとおもしろいですよ。

狐の型の基本形、鉄砲(猟師)の型の基本形、庄屋の型の基本形 等

正式な対戦は土俵を挟んで拳士が東西に対面して座り、向こう正面に行司が座ります。


Tohatikenさんの動画です。埋め込みさせていただきました。ありがとうございます。
「東八拳(藤八拳 tohachiken)--正拳の稽古」

! (^^)!携帯の方は、こちら見れます


左が日本東八拳技睦會範士の東水舎開山師、右が武蔵野扇楽師匠。

Tohatikenさんの動画です。埋め込みさせていただきました。ありがとうございます。
「東八拳(藤八拳 tohachiken)--一本間の稽古)
正拳ではなく、一拳ごとに間を挟む「一本間」。

! (^^)!携帯の方は、こちら見れます


左が日本東八拳技睦會範士の東水舎開山師、右が武蔵野­扇楽師匠。

Tohatikenさんの動画です。埋め込みさせていただきました。ありがとうございます。
東八拳の中でももっとも難しい「軟拳」だそうです。

! (^^)!携帯の方は、こちら見れます


左が日本東八拳技睦會範士の東水舎開山師、右が武蔵野扇楽師匠。

動画で、何か言ってるような気がしたのですが、
一回目の勝ちを自分で認識したときに「タチ」と言うのだそうです。

続けて勝って三回目の手を出すときには、「チョイ」、「サボ」(三本の意味)、 「トリヤ」、「ドン」など。

三回連続で勝った場合、勝負が合った直後に手を叩き、パチンと音をたて、打拳を中止。これは、三回続けて勝ちましたという宣言で、これをしないと勝った勝負が流れてしまうそうです。

型もなにか複雑なような気がしましたら、
基本型があって(基本型もここまでOKとか)、変化型があるようです。

独特の三本目ルール(連続勝ち三回目のとき)があって、三本目だから許されている幾つかのルールがあるそうです。これが、一呼吸早い発声と打拳、一呼吸早い発声で遅い打拳、フェイント、ギリギリ待ち後出し寸前で少しの変化で手を出す とか ホームページの説明読むとおもしろいです。書き過ぎてしまいましたね。東八拳 公式サイトをご覧くださいませ

うめ吉さんの「俗曲師うめ吉のニッポンしましょ!」の東八拳お稽古の話のなかで、

・・・「深川」という俗曲の中に「~隣座敷をながむれば 差いつ押えつ アレハイサノサ きつね拳」というのが出てまいりますが、まさにこの「東八拳」のことだったのですね。・・・

という描写があります。

「こてちゃい浅草芸者幇間さん」の方でも紹介しましたが、幇間さんの「風流深川」でたしかに、そのような振りがありますので、よかったら見てください。最後の方です。(桜川米七さん、桜川七助さん、桜川七太郎さん)

! (^^)!携帯の方は、こちら見れます




うめ吉さんは、神楽坂 東八拳でお稽古をされたようです。

神楽坂 東八拳 宗家 東水舎
現在の家元は三代目で 「東水舎東八」

女性が多くて、華やかみたいです。


東八拳の記事も見つけました。

日本テレビ トップページぶらり途中下車の旅 2010年12月11日放送分
検索キーワード「押上駅 日本東八拳睦会」

なんだか、老若男女、お着物の方たちまで。たくさんされているのですね。びっくり。
軟拳の取得者・開山範師のお写真も。

いろいろ知らないことがたくさんあるものです。

まとまりつかず、いろいろ書いてしまいました。

kotehanadan1では、またあした。こてちゃいでした。

●トップページへ  ●こてちゃいでございます。更新情報





関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

こてちゃい_kotechai

Author:こてちゃい_kotechai
こてちゃいでございます。都々逸(どどいつ、都々一、都々いつ、都都逸、都都一、都度逸、ドドイツ、どゝ一、どゝいつ、どゞいつ、とゞいつ、どど一、どゝ逸、度々逸、度々一、百々逸、登々以津、東都一、・・・)。素人です。かなりいい加減なやつですが、よろしくお付き合いください。

都々逸しぐれ吟社様ツイート
こてちゃいツイート
こちらも見てくださぁい
浅草芸者幇間さん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。